7月23日(日)大阪市立福島区民センターで、
初めての経済政策勉強会を開きました。
まず30人の熱心な参加者に、渡辺代表からご挨拶です。
DSC06055
松尾匡 立命館大学経済学部教授をお招きして、
1時間余りの講義をしていただきました。
テーマはこれです。
「なぜ野党は支持が増えないのか。どんな経済政策を打ち出すべきか。」
DSC06058DSC06062
講義の後、参加者から質問メモを頂戴する事にしました。
予想以上にたくさんの質問をいただき、
松尾先生と渡辺さんが吟味中です。
DSC06066DSC06075
多岐にわたる質問に分かりやすく丁寧に答えていただきました。
DSC06074
今回の勉強会の録画は一般公開はできませんが、
フォーラム会員には見ていただけるよう手配中です。
勉強会に参加された方は、ぜひ感想などを、
ご自身のFBやフォーラムのFBにご投稿下さい。
【私自身が特に印象に残った講義内容を少し】
■このまま安倍政権が崩れていくと、安心していていいのか。
■選挙時の一番の関心テーマは、景気と雇用である。
■野党勢力は、民衆が長期不況でどれだけ苦しんできたか認識しなければならない。
■民衆は、民主党時代の暮らしはもっと酷かったと感じている。
■民衆は、野党に政権を渡すと不安定になって、景気が悪くなるのを怖れている。
【松尾先生の提言】
■脱緊縮財政!
■こんな景気で満足できるわけない!
■安倍政権よりもっと好況にしよう!
■それは必ず実現できる!
これで闘いましょうと言うことでした。
(文責:加島)