生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

 BS11のテレビ番組に生出演した生活の党の小沢一郎代表は、「候補者を絞れば、自民党に勝てる。次の選挙で政権交代は充分可能です」と、力強く断言しました。

 露木茂・キャスター、二木啓孝・解説委員が質問・インタビューした、8月25日夜9時からの番組です。

 出だしは、生活の党が9月3~5日に韓国のソウルで行う研修について。
 
 小沢代表は「中国や韓国と関係が良くない状態が続いている。しかし、誰もが友好関係は維持しなければならないと思っている。もう少しお互いにざっくばらんに話し合える関係をつくることが大切だから、韓国側の与野党にも表敬訪問する」と、議員レベルでの関係改善の一助にしたいという思いを話しました。

 続いて、安倍政権の評価について。小沢代表は「安倍政権がやっていることは、新市場主義で自由主義万能だから、弱肉強食になってしまう。もともと資本主義はその反省として、さまざまなセーフネットや社会福祉制度が編み出し、生き延びてきたものだ。それを、安倍政権は200~300年前の弱肉強食の時代に逆戻りさせるものだ。民主主義に反するものだ」

 「民主党が政権交代させてもらったが、『民主党も、自民党と変らないじゃないか』となり、自民党政権に戻ってしまった。そして、自民党に代わる政党がない、という状況になっている。しかし、『国民の生活が第一』の政策は間違っていなかったと思っている」

 集団的自衛権について。「自衛権はいわば自然権でどの国も持っている。国連も認めている。しかし、他国が攻撃されている時に出て行って武力を行使するのは、日本国憲法が明確に禁止している。どうしても他国が攻撃されているところへ出ていきたいなら、憲法を変えるほかない。それを閣議でやりゃあいいんだ、というのは姑息すぎる」

 野党再編について。「一つの政党になるのがベストだが、それが無理なら野党が協力し合う『オリーブの木』という考え方もある。候補者を調整して、一人に絞って闘えば、自民党に勝てる。事実、滋賀県での県知事選などで、それが裏づけられている。多くの首長選挙で、裏づけられている」

 でも、各野党が選挙協力して再び政権を取れたとしても、現実の政権運営の段階で結局、またばらばらになってしまうのではないか? 民主党政権の教訓は生きているのでしょうか。

 「う~ん。(民主党の中に生きているかどうかはともかく)国民の中に生きていますよ。自分たちの投票で政権交代させることができるんだ、という意識が残っている。野党再編については、民主党が自分から言わなければダメです。私からどうのこうの言うつもりはない」。小沢代表から民主党に働きかけるつもりはないの意。

 10月の福島県知事選、11月の沖縄県知事選を、どう見ているか。「これまでの首長選は、(候補者を)一本化したら、8、9割勝っている。今度も勝てる」

 「それと同じで、(国政選挙でも)今度こそ勝つんだ。政権を取るんだ、という気持ちで候補者を立てることが大切です。有権者の支持が強い人がいい。その候補者選定は私情をはさんではならない」

 総選挙はいつになりそうか。「7-9月期のGDPを見て、消費税を上げると言っている。国民の生活は惨憺たるものになるのではないか。とくに地方は今でもさんたんたるものだ。地方での選挙もあり、来年の夏以降はいつ総選挙となってもおかしくない。イラクやウクライナなど世界の情勢を含め、平穏に続くとは思っていない」

 来年夏以降は、常在戦場。私たちものほほんとはしておれません。

生活フォーラム関西の会報です。すでにご覧になった方もおられるかもしれません。
小沢一郎氏講演会にむけての特別号です。
印刷して手渡しなどに使っていただけます。ご活用ください。



これから偶数月にA4x4ページほどの会報を作っていくつもりです。会員、会友の方には郵送させていただきます。
ぜひともご登録ください。 (右サイドの「入会申込フォームへ」からどうぞ)


 小沢一郎氏が出演したTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン株式会社)の生放送番組が、司会者側の
ひとり、鈴木奈々さん(タレント、ファッションモデル)にいじられ、大笑いの番組になりました。それが、ウエブ上で大きな反響を呼び、賑やかな騒ぎになっています。

 これは「淳と隆の週刊リテラシー」のタイトルで、毎週土曜日に午後5時から放送されている生番組です。ロンドンブーツ1号2号の田村淳と上杉隆氏(ジャーナリスト)が司会。

 26歳の鈴木奈々さんは、「お母さんにゲストは小沢さんって言ったら、『絶対さわっちゃダメだよ』と言われた」といいながら、「触ってもいいですか」と断って、小沢氏の大きな顔を両手で包むような触って、「ツルツル」と大はしゃぎ。「きのうまであんま好きじゃなかった」と繰り返しながら、「小沢さんって、笑うんだ」。

 ちょっとちぐはぐながら、上杉氏らのまともな質問を交えて、内容のある番組に仕上がっていました。

 これが面白がられたのか、「小沢一郎 鈴木奈々」で検索すると、ウエブ上では30ほども項目が立って賑やかな状況をみせています。

 鈴木奈々さんのように直接「小沢一郎」の話を聞くと、一般に植え付けられ洗脳された印象とは異なる顔を知ることができます。

 そこで、私たち「生活フォーラム関西」は、生活の党の小沢一郎代表を大阪に招き、「小沢一郎が語る世界の中の日本と政権交代への道のり」をテーマに講演会を開きます。要領は次の通りです。
 
   ・ と き : 9月13日(土)午後6時半から
   ・ ところ : 大阪市北区区民センター(関西テレビ北隣り)
   ・ アクセス : 地下鉄堺筋線「扇町」すぐ
             JR「天満」駅
   ・ 入場料 : 500円
   ・ 申込み先 : 参加される全員のお名前、ふりがな、連絡先を下記までお送り下さい
              (メール) info@mei-getsu.com (FAX) 06-6720-8051
              (TEL) 090ー8467―8877(山岸) できるだけメールかFAXでお願いします
   ・ 主 催 : 生活フォーラム関西(代表世話人・前衆院議員 渡辺義彦)

↑このページのトップヘ