生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

応援する政治家の手伝いをしたい方

気持ちはあるけど、どうしたらいいかわからない方

指をくわえて見ているのが悔しい方

私たちが頑張ってほしいと思っている政治家の一覧を、後に掲載します。

ご自分で連絡する方は、(できるだけメールで)連絡してください。

ちょっと気後れする方は、事務局の山岸まで連絡下さい。

生活フォーラム関西は最初の一歩をお手伝いします

どんなお手伝いがあるのか、どんな段取りになるのか、およそのことをご説明し、各事務所にご紹介します。

■■

明日(12/1)までの期間に注意すべきことを簡単に書きます

選挙が公示される前は、選挙運動はできません。具体的には

「○○さん や ○○党 へ投票してね」という呼びかけはアウトです

「選挙ではよろしくね」「国会に送ってね」「勝たせてね」 もかなり濃いグレーです

「○○さんはこんな良いこと言ってる」「○○党の公認になった」という事実を伝えることや、選挙を特定せずに「○○さんを応援しよう」はOKです

ですから、○○さんの街宣やポスティングを手伝ったりするのもOKです。

また選挙の準備としてセーフになることもあります。

公示後に出す推薦ハガキの宛名を書いておくのはOK
(自分で投函してはダメ。かならず事務所へ戻す)

そして、公示後のボランティアとして登録しておくのもOKです
(運動員の内交渉といいます)

■■

というわけで、ボランティアの登録が可能な連絡先は以下の通りです




与えられた「有権者」から、自ら動く「主権者」へ 小さくて大きな一歩です。

ではみなさん 楽しい2週間を!

みなさまお疲れ様です
 事務局 山岸です

土曜日の緊急集会には30人近い方々にお集まりいただきましたが、直前まで情報が錯綜したためボランティアの話が中途半端になってしまいました。

そこで、再度、11/29に実務的にボランティアの話をするためのミーティングを行います。(公選法で公示前に認められている、選挙運動員の内交渉にあたります)

ご自分で各事務所に登録される方や、すでに連絡された方は、このミーティングに出席の必要はありませんので、事務所での指示を優先して下さい。

何か手伝いたいけれど、どうしたらいいか迷っている方は、ぜひこの機会にお越し下さい。予約不要ですので、直接会場に来てください。

日時:11月29日(土)18:30~20:00
場所:大阪市中央区民センター第3会議室 (堺筋本町駅近く)
   大阪市中央区久太郎町1-2-27 TEL:06-6267-0201
   http://www.osakacommunity.jp/chuo/pdf/easy_center.pdf
会費無料 予約不要
問合せ info@mei-getsu.com 山岸まで

行きたいけれど都合が悪い方は、別途対応しますので当方までご連絡ください。

お声かけしている事務所は以下の通りです。
生活の党
 村上史好さん(大阪6区)
 中村てつじさん(奈良2区)
共闘関係として
 社民党・服部良一さん(大阪8区)
 無所属・平智之さん(京都1区)

では、よろしくお願いします。


※すでにお知らせの通り、11月29日に企画しておりました「玉城デニー氏講演会」は中止・延期となっております。悪しからずご了承ください。

昨夜、平日にもかかわらず30名ちかい方にお集まりいただき、総選挙に向けての緊急ミーティングをしました。

生活の党が消滅するかのような産経新聞などの誤報(意図的?)もあり、何をどうすればいいのか戸惑いながらも、顔を合わせて情報を共有し、意思の疎通ができたことは大変良かったと思います。

当フォーラムの渡辺義彦代表から、現状についての最新情報をまとめていただき、生活の党は健在であり、現職議員としては鈴木氏、小宮山氏のお二人だけが民主党に移籍されること。第一次公認として、野党共闘の選挙区調整が問題ない予定候補15人が決まったこと。まだ、調整が続いていること。などなど、ナマの話をお聞きすることができました。
20141121-1

その後、事務局から選挙運動のイメージなどについてご説明しました。
公示日の朝のポスター貼り、証紙貼り、電話かけ、流し込みポスター などなど。
ただし、直前まで状況が把握できなかったために、具体的な話を、ぜんぶはまとめきれませんでした。
これについては、連休明けには一覧にして会員会友や連絡先を登録いただいているの方々にはお知らせします。

※不特定多数にボランティア募集などをすると事前運動になる可能性があるので、詳細な情報が欲しい方は、あらかじめ当フォーラムに連絡先等を登録して下さい。

その後、渡辺義彦さんから選挙運動ミニ講座として、特に気をつけるべきことをお話しいただきました。
まずは、誤解されないために、厳密には合法な場合でも原則として金銭の受け渡しはしない。
食べ物は自分で買う。
事務所で出されるお茶と珈琲はいただいてもOK。
演説会に行った帰りなどに食事をおごったりおごられたりは厳禁。

グレーゾーンが大きく、普通の生活では何でもないことが突っ込まれるネタになるので、気をつける。白、黒、グレーの区別を知っておけば、へんに萎縮することなく活動することができる。

参加者の皆さんも「やるき」の方ばかりでしたので、非常に実践的な質問がたくさん出され、活発な議論となりました。

なお、写真に映っているものが政治活動用ポスターとして総務省に確認済みのものです。
実は前回と構図は同じですが、微妙に変わっているそうですので、前回のものは流用せず、新しいものを貼ってください。

このポスターは、公示前に貼ったものは選挙期間中もはがす必要がない、いわゆる流し込みポスターです。
ぜひ、今の内にご自宅の壁などに貼っていただければと思います。(当然ですが、電柱や公共の場所は不可です)

また、右のフォームからフォーラムの会員・会友になって、メーリングリストに参加いただくと、生の情報をいち早くでお届けできるかと思います。

↑このページのトップヘ