生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

 生活の党は9月3~5日、韓国のソウルで党の2014年度研修会を開きました。日本側議員の研修もさることながら、韓国側議員とも話し合いの場を持ち、「日韓関係の早期改善に取り組むことで認識一致」しました。

 生活の党がネット上に掲載したものを、転載します。

 以下、転載

○ 日本の政党で初の海外研修を実施~来年には超党派日韓議員による囲碁大会を開催

 9月3日から5日までの3日間、生活の党は韓国ソウルにおいて、日本の政党では初めてとなる海外での研修会を実施しました。研修会には、小沢一郎代表、鈴木克昌幹事長、小宮山泰子国会対策委員長、村上史好国会対策委員長代理、畑浩治総合政策会議議長の各衆議院議員をはじめ、前国会議員の総支部長ら総勢29名が参加しました。

 小沢一郎代表は、研修会に先立ちソウル入りし、与党セヌリ党代表の金武星議員、元ウリ党代表で韓日議員連盟会長を務めた文喜相議員、国会囲碁愛好会会長の元裕哲議員らと個別に会談しました。

 小沢代表は面談後、長い友好協力関係を築いてきた日韓両国にとって、現在の二国間関係は不正常であり、両国にとってプラスでなく、正常化すべきとの見解で一致したと述べました。

 また、元裕哲議員との間で国交正常化50周年にあたる来年、超党派日韓議員による囲碁大会を開催することで合意したことを明らかにしました

○ 日韓関係の一日も早い改善に合意~与野党国会議員、前国会議員と率直に意見交換

 9月3日午後、ソウル入りした研修団はまず、韓国の戦没者を追悼するために国立顕忠院を訪れ、献花しました。9月4日午前には、韓国国会を訪問し、与党セヌリ党、最大野党新政治民主連合の各政策委員長らと面談しました。

 両党とも生活の党の韓国訪問に歓迎の意を表すとともに、日韓関係が厳しい関係にあり、これを一日でも早く改善すべきとの見解を示しました。

 9月4日正午から国会内の伝統式宴会場「サランゼ」において、セヌリ党シンクタンクの汝矣島研究院主催昼食会・「YDI TALK Japan 2014」が開催され、韓国側からは金正薫韓日議員連盟未来委員長をはじめとする与野党国会議員、元国会議員が参加しました。

 双方は「日韓関係の発展のための議員外交の活性化」をテーマにして率直に意見交換しました。

○ 小沢一郎代表、国民大学から名誉政治学博士学位を授与される
小沢一郎 韓国

 その後、研修団は韓国において日本研究をリードする国民大学に移動し、小沢一郎代表に対する名誉政治学博士学位授与式に参加しました。

 ユ・ジス総長は学位授与後の祝辞において「小沢代表が歩んできた道、その足跡の数だけ、両国間の親善関係と政治水準が発展したことをよく分かっています。

 激動する東北アジア外交関係において、今日のような行事はとても重要な意味を持ちます。名誉博士授与は国民大学と小沢代表との特別な出会いという意味を超えて、韓日両国の関係改善という次元で皆にとって特別なこととして記憶されるでしょう」と述べました。

 小沢代表は学位授与を受けて、大学関係者に深い謝意を示した上で「博士号をいただいた責任と使命をしっかりと胸に刻み、それにふさわしく精進して参ります。

 同志とともに決意を新たにして、両国、両国民の強い深い絆をさらに一層築きあげ、今後とも相携え相協力して両国の発展と両国民の幸福のために尽力していきます」と挨拶しました。


○ 国民大学日本学研究所と懇談~韓国の日本研究者と忌憚ない意見交換で交流を深める

 この後、研修団は国民大学日本学研究所との懇談会に参加しました。まず、李元徳国民大学日本学研究所所長から「危機の日韓関係どう打開するか?」、曺良鉉国立外交院外交安保研究所教授から「中国の台頭と東アジア国際秩序-韓国の視角」、金良姫大邸大学助教授から「東アジア経済統合の現状と問われる日本の役割-あるアジア人の視点-」について講演を聞いた後、日韓関係の現状、関係改善のあり方について忌憚なく意見交換しました。

 その後、国民大学主催の夕食会が開催され、韓国の日本研究者との交流を深め、研修会はすべての日程を成功裏に終了しました。

 以上、転載おわり


 生活の党の小沢一郎代表は3日、ソウルで韓国与党セヌリ党の元裕哲議員と会談し、日韓国交正常化50周年の来年、両国国会議員による親善囲碁大会を開催する考えで一致した。来年1~2月の開催を目指すという。

 これは時事通信が昨日9月3日の午後7時過ぎに配信したものです。

 同社のソウル電によると、「日韓の囲碁愛好議員は2004年まで、両国を行き来しながら毎年2回、親善大会を開いてきたが、その後は中断。元氏は韓国国会囲碁愛好会の会長を務めている」としています。

 小沢代表は、生活の党が政権の座にあったとき、中国の当時は国家副主席だった周近平氏を天皇陛下に会う段取りをしたことでも周知されたように、日中関係重視の立場です。

 今回、さらに韓国とも関係改善に力を尽くすことを改めて鮮明にしたことになります。

 BS11のテレビ番組に生出演した生活の党の小沢一郎代表は、「候補者を絞れば、自民党に勝てる。次の選挙で政権交代は充分可能です」と、力強く断言しました。

 露木茂・キャスター、二木啓孝・解説委員が質問・インタビューした、8月25日夜9時からの番組です。

 出だしは、生活の党が9月3~5日に韓国のソウルで行う研修について。
 
 小沢代表は「中国や韓国と関係が良くない状態が続いている。しかし、誰もが友好関係は維持しなければならないと思っている。もう少しお互いにざっくばらんに話し合える関係をつくることが大切だから、韓国側の与野党にも表敬訪問する」と、議員レベルでの関係改善の一助にしたいという思いを話しました。

 続いて、安倍政権の評価について。小沢代表は「安倍政権がやっていることは、新市場主義で自由主義万能だから、弱肉強食になってしまう。もともと資本主義はその反省として、さまざまなセーフネットや社会福祉制度が編み出し、生き延びてきたものだ。それを、安倍政権は200~300年前の弱肉強食の時代に逆戻りさせるものだ。民主主義に反するものだ」

 「民主党が政権交代させてもらったが、『民主党も、自民党と変らないじゃないか』となり、自民党政権に戻ってしまった。そして、自民党に代わる政党がない、という状況になっている。しかし、『国民の生活が第一』の政策は間違っていなかったと思っている」

 集団的自衛権について。「自衛権はいわば自然権でどの国も持っている。国連も認めている。しかし、他国が攻撃されている時に出て行って武力を行使するのは、日本国憲法が明確に禁止している。どうしても他国が攻撃されているところへ出ていきたいなら、憲法を変えるほかない。それを閣議でやりゃあいいんだ、というのは姑息すぎる」

 野党再編について。「一つの政党になるのがベストだが、それが無理なら野党が協力し合う『オリーブの木』という考え方もある。候補者を調整して、一人に絞って闘えば、自民党に勝てる。事実、滋賀県での県知事選などで、それが裏づけられている。多くの首長選挙で、裏づけられている」

 でも、各野党が選挙協力して再び政権を取れたとしても、現実の政権運営の段階で結局、またばらばらになってしまうのではないか? 民主党政権の教訓は生きているのでしょうか。

 「う~ん。(民主党の中に生きているかどうかはともかく)国民の中に生きていますよ。自分たちの投票で政権交代させることができるんだ、という意識が残っている。野党再編については、民主党が自分から言わなければダメです。私からどうのこうの言うつもりはない」。小沢代表から民主党に働きかけるつもりはないの意。

 10月の福島県知事選、11月の沖縄県知事選を、どう見ているか。「これまでの首長選は、(候補者を)一本化したら、8、9割勝っている。今度も勝てる」

 「それと同じで、(国政選挙でも)今度こそ勝つんだ。政権を取るんだ、という気持ちで候補者を立てることが大切です。有権者の支持が強い人がいい。その候補者選定は私情をはさんではならない」

 総選挙はいつになりそうか。「7-9月期のGDPを見て、消費税を上げると言っている。国民の生活は惨憺たるものになるのではないか。とくに地方は今でもさんたんたるものだ。地方での選挙もあり、来年の夏以降はいつ総選挙となってもおかしくない。イラクやウクライナなど世界の情勢を含め、平穏に続くとは思っていない」

 来年夏以降は、常在戦場。私たちものほほんとはしておれません。

↑このページのトップヘ