生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

 いよいよ本日9月13日(土)は、「世界の中の日本と政権交代の道のり」をテーマに、小沢一郎氏の講演会です。

 生活の党の小沢一郎代表は、現在の日本に強い危機感を表明しています。「安倍内閣のままでは、この素晴しい日本が壊される」という危機感です。

 安倍内閣が進めている政策は、経済分野をはじめ、外交、防衛、原子力などのエネルギー分野など政策全般が間違っている。「何としても止めなくてはならない」と、危機感を強めています。
 
 そして、政権交代は可能だ。次の総選挙で政権交代ができる、と主張しています。

 政権交代の先にあるのは、「自立と共生による社会の実現」です。格差のない平和で落ち着きのある社会の実現です。

 小沢代表も70歳を超えました。気力を振り絞って安倍内閣に立ち向かおうとしています。その生の声をお聴きください。

 予約は締め切りましたが、どうぞお越し下さい。
 詳細は→ http://seikatu-forum.blog.jp/

 また、参加できない方には18:30からIWJ中継もありますのでご利用下さい。
      http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1
続きを読む

みなさんこんにちは 、事務局を担当している山岸です。

小沢さんの講演会は、いよいよ今週の土曜日、13日18時半からです。

まだ空席はありますが、事前に予約いただいた方が確実です。

予約は、12日(金)17時までお受けします。

それ以降は当日受付となりますので、ご注意下さい。

■■

小沢さんが口癖のように言うのが 「この国に民主主義を根付かせる」 ということです。

逆に言えば 「この国にはまだマトモな民主主義はない」 とも取れます。たしかに、戦後民主主義と言われる時代を通じて、どうも民主的に政権が運営されたことは無かったように見えます。

では、どうしたら 「この国に民主主義を根付かせる」 ことができるのでしょう。
小沢さんに「なんとかして」とお願いするのではなく、私たち自身がそのことを身にしみて考えなくてはならないと思います。
この、生活フォーラム関西というものが存在している意味はそこにあります。

おそらく、三つのステップがあるのだと思います。

一歩目は、考えることです。あるいは、気がつくことです。オカシイことはオカシイと。
これは、3.11で多くの国民が変わりました。3.11の後の選挙や政治の流れは最悪ですが、にもかかわらず、やはり日本人の意識はあれで変わった、と確信します。

二歩目は、行動に参加してみることです。たとえば、今度の小沢さんの講演会に参加することもその一つです。
あるいは、選挙の応援を頼まれたら行ってみるとか、デモがあると聞いて賛同できたら一緒に歩いてみるとか、そういうことです。

三歩目は、自分から発信してみることです。別の言い方をすると、呼びかける側に立つということです。
そして、発信したり呼びかけたりするには、ノウハウが必要です。一歩目と二歩目は気持ちさえあれば、誰でもいつでもできるのですが、三歩目はもう少し強いやる気とノウハウが必要。

民主主義の「読み書きそろばんの技術」 のようなものを手に入れないと、やはり民主主義を根付かすことはできないと思うのです。他人任せではなく、「やったことないからできない」ではなく、「やるためにはどうしたらいいか」という発想とやる気が、今求められています。

これこそが、「オザワイズム」だと 私(山岸)は思っています。

「考える」人がとても増えたにも関わらず、あの再稼働反対20万人行動のように「参加する」人もとても多くなったにも関わらず、今政治は最悪の状況を更新し続けています。
これは、「発信し呼びかける」人が圧倒的に足りないからではないでしょうか。

「三歩目を踏み出したいけど、どうしたらいいのか分からない」という人を、生活フォーラム関西は応援します。
ともに読み書きそろばんの技術を磨きながら、実践していきたいと思います。

私たちも素人です。でも、一芸に秀でた(?)メンバーがいます。選挙に精通している代表の渡辺さんを始め、街頭演説、集会や講演会の企画、動画の扱い方、チラシの作り方、ポスティングのやり方、ブログの活用方法 などなど。
本当に秀でているかどうかは分かりませんが、少なくともこれまでやってきた経験を、多くの人に伝えることはできます。

週に2~3時間でも自分の時間を削ってやってみたい、やってやろう、という意欲のある方は、ぜひとも生活フォーラム関西に入会いただき、「三歩目いきます」と声をかけて下さい。

 生活の党は9月3~5日、韓国のソウルで党の2014年度研修会を開きました。日本側議員の研修もさることながら、韓国側議員とも話し合いの場を持ち、「日韓関係の早期改善に取り組むことで認識一致」しました。

 生活の党がネット上に掲載したものを、転載します。

 以下、転載

○ 日本の政党で初の海外研修を実施~来年には超党派日韓議員による囲碁大会を開催

 9月3日から5日までの3日間、生活の党は韓国ソウルにおいて、日本の政党では初めてとなる海外での研修会を実施しました。研修会には、小沢一郎代表、鈴木克昌幹事長、小宮山泰子国会対策委員長、村上史好国会対策委員長代理、畑浩治総合政策会議議長の各衆議院議員をはじめ、前国会議員の総支部長ら総勢29名が参加しました。

 小沢一郎代表は、研修会に先立ちソウル入りし、与党セヌリ党代表の金武星議員、元ウリ党代表で韓日議員連盟会長を務めた文喜相議員、国会囲碁愛好会会長の元裕哲議員らと個別に会談しました。

 小沢代表は面談後、長い友好協力関係を築いてきた日韓両国にとって、現在の二国間関係は不正常であり、両国にとってプラスでなく、正常化すべきとの見解で一致したと述べました。

 また、元裕哲議員との間で国交正常化50周年にあたる来年、超党派日韓議員による囲碁大会を開催することで合意したことを明らかにしました

○ 日韓関係の一日も早い改善に合意~与野党国会議員、前国会議員と率直に意見交換

 9月3日午後、ソウル入りした研修団はまず、韓国の戦没者を追悼するために国立顕忠院を訪れ、献花しました。9月4日午前には、韓国国会を訪問し、与党セヌリ党、最大野党新政治民主連合の各政策委員長らと面談しました。

 両党とも生活の党の韓国訪問に歓迎の意を表すとともに、日韓関係が厳しい関係にあり、これを一日でも早く改善すべきとの見解を示しました。

 9月4日正午から国会内の伝統式宴会場「サランゼ」において、セヌリ党シンクタンクの汝矣島研究院主催昼食会・「YDI TALK Japan 2014」が開催され、韓国側からは金正薫韓日議員連盟未来委員長をはじめとする与野党国会議員、元国会議員が参加しました。

 双方は「日韓関係の発展のための議員外交の活性化」をテーマにして率直に意見交換しました。

○ 小沢一郎代表、国民大学から名誉政治学博士学位を授与される
小沢一郎 韓国

 その後、研修団は韓国において日本研究をリードする国民大学に移動し、小沢一郎代表に対する名誉政治学博士学位授与式に参加しました。

 ユ・ジス総長は学位授与後の祝辞において「小沢代表が歩んできた道、その足跡の数だけ、両国間の親善関係と政治水準が発展したことをよく分かっています。

 激動する東北アジア外交関係において、今日のような行事はとても重要な意味を持ちます。名誉博士授与は国民大学と小沢代表との特別な出会いという意味を超えて、韓日両国の関係改善という次元で皆にとって特別なこととして記憶されるでしょう」と述べました。

 小沢代表は学位授与を受けて、大学関係者に深い謝意を示した上で「博士号をいただいた責任と使命をしっかりと胸に刻み、それにふさわしく精進して参ります。

 同志とともに決意を新たにして、両国、両国民の強い深い絆をさらに一層築きあげ、今後とも相携え相協力して両国の発展と両国民の幸福のために尽力していきます」と挨拶しました。


○ 国民大学日本学研究所と懇談~韓国の日本研究者と忌憚ない意見交換で交流を深める

 この後、研修団は国民大学日本学研究所との懇談会に参加しました。まず、李元徳国民大学日本学研究所所長から「危機の日韓関係どう打開するか?」、曺良鉉国立外交院外交安保研究所教授から「中国の台頭と東アジア国際秩序-韓国の視角」、金良姫大邸大学助教授から「東アジア経済統合の現状と問われる日本の役割-あるアジア人の視点-」について講演を聞いた後、日韓関係の現状、関係改善のあり方について忌憚なく意見交換しました。

 その後、国民大学主催の夕食会が開催され、韓国の日本研究者との交流を深め、研修会はすべての日程を成功裏に終了しました。

 以上、転載おわり

↑このページのトップヘ