生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

少し寒くなったなあと思っていましたら、もう師走がやって来ました。
年内に小沢代表か山本共同代表をお招きしてイベントを開く計画をしておりましたが、お二人とも超多忙のため年内実現はできませんでした。
年内にフォーラムのイベントをと期待していただいていた皆様には、本当に申し訳ございません。お詫び申し上げます。
それでも、年明けには両代表にイベントへのご出席をお約束いただいておりますので、どうか楽しみにお待ち下さい。
小沢+山本 2018.12
そこで、今年2018年の年末と、来年2019年の年初のフォーラム関連のイベント予定をまとめてご案内致します。

■「生活フォーラム関西」忘年会
 日時:12月23日(日)18:00~  
場所:「がんこ梅田店」
 https://www.gankofood.co.jp/shop/detail/ro-umedarobata
参加費:4500円
 対象:「生活フォーラム関西」会員
申し込み:予約申し込み制  メール:sforumkansai@yahoo.co.jp
(*メールにて継続申込・新規入会を受け付けています)

■山本太郎代表を囲む懇親会
日時:1月18日(金)19:00~
場所:大阪市内(未定)
対象:「なべさん応援団」党員・サポーター他
(詳細は決定次第ご案内します。)

■「Beyond the waves 」神戸上映会
 (山本太郎代表のドキュメンタリー映画)
  https://www.facebook.com/events/341124956697551/
日時:1月20日(日)14:00~
場所:神戸常盤アリーナ・小ホール
https://www.mizuno.jp/facility/hyogo/hyogo-buntai/
参加費:一般1000円/学生500円
 
■小沢一郎代表講演会と政治資金パーティー
 日時:2月16日(土)15:00~(予定)
場所: 大阪市内(未定)
対象:「生活フォーラム関西」会員、自由党党員・サポーター他
(詳細は決定次第ご案内します。)
・・・・・・・・        
◆お願い◆
10月から新年度に入っております。
再登録がまだの方、新しく入会される方は、下記の通り登録と会費の振り込みをお願い致します。
〈更新・新入会申し込み 〉
 このブログの画面右側の「入会申し込みフォーム」から
〈 振り込み先 〉
 「 郵貯銀行」 口座名: 生活フォーラム関西
  郵貯銀行から:記号1464 0 番号16807 431
  他の金融機関から: 店番 468 普通 168 0743
  *振り込み事には必ずご記名下さい。
  振り込みに関する問い合わせ:tsugimoto@gaia.eonet.ne.jp
〈 生活フォーラム関西:連絡先 〉
 メール:sforumkansai@yahoo.co.jp 

全国を走り回り語り回る、山本太郎さんの街頭記者会見。
10月21日と22日には関西に出現しました。
快晴の日曜日午後は、神戸元町の大丸前。
DSC06557
SNSでの動員をかけないで、道行く人に足を止めてもらい、
頂いた質問に答えて行くというこのスタイル。
それでも、たくさんの人に集まってもらいました。
DSC06560
DSC06568
暖かい昼下がり、山本太郎さんの演説もヒートアップ。
Tシャツになっての熱弁です。

日の暮れた夕方、今度は三宮マルイ前。
こちらでも、たくさんの人が足を止めて聞き入っていました。
DSC06575
ある男性の質問です。
「山本太郎さんの目標はなんですか。」
すかさず、太郎さんが答えました。
「総理大臣になることです。」(笑いと拍手)
「自分の目標をかなえてくれる政治家がいれば、その人を応援する。
 いなければ、自分が総理大臣になる。」
キッパリ、明快です。
DSC06576
DSC06581
A・SHINZOでなくY・TAROが総理大臣なら、どんなに素晴らしいことか。
まず、消費税8→5→0%は切実な1歩目。
太郎さんの目的実現を支援して、いっしょに歩み出して行かなければ。

翌日は大阪方にバトンを渡し、夜のなんば高島屋前。
さすが大阪なんば、たくさんの人が集まってくれています。
2018 10 太郎 大阪1
2018 10 太郎 大阪4
ここでも、質問に対し誠実に熱意を持って答える山本太郎さん。
国民の生活を第一に考えればすぐさまやるべき政策を、
次々と提起していきました。
本当に、総理大臣になってもらいたい。
2018 10 太郎 大阪32018 10 太郎 大阪2
渡辺さんとの2ショットは、フォーラム会員へのサービスです。

■録画(元町)https://youtu.be/RNlntVaZTgk
■録画(三宮)https://youtu.be/xcMcv5i9Ggg
■録画(なんば)https://youtu.be/QE9C-dCHd-Q
・・・・・・・・        
■10月から新年度に入りました。
 会員登録の更新月ですので、下記から再登録と会費の振り込みをお願い致します。
〈 生活フォーラム関西:連絡先 〉
メール:sforumkansai@yahoo.co.jp
〈更新・新入会申し込み 〉
このブログの画面右側の「入会申し込みフォーム」から
〈 振り込み先 〉
「 郵貯銀行」 口座名: 生活フォーラム関西
  郵貯銀行から:記号1464 0 番号16807 431
  他の金融機関から: 店番 468 普通 168 0743
問い合わせ:tsugimoto@gaia.eonet.ne.jp
 *振り込み事には必ずご記名下さい。









2018年 9月 30日 玉城デニーさんが沖縄県の知事に選出されました。
沖縄 対 日本政府との本当にしんどい戦いでした。
その戦いを制して、玉城デニーさんの完勝です。
玉城 琉球新報
玉城デニーさん、そして共に闘った沖縄の皆さん、
また本土で様々な形で支援した皆さん、
本当におめでとうございます。
そして、感動をありがとうございます。

一夜明けた今日は、
みんなで健闘を讃え勝利の喜びを分け合いましょう。
そして明日からは、
すぐにやって来る過酷な国の攻撃と闘うため、
沖縄も本土もしっかり心の準備をしましょう。
玉城デニー新知事に降りかかる容赦ない攻撃を、
一人と一県で受けさせるわけにはいきません。
これからは、本土の野党共闘が試される番です。
野党全党が本気で取り組めば、
この選挙と同じ結果を招き入れることができます。
沖縄 出口調査
自民党の2割を切り崩し、
公明党の3割を目覚めさせ、
腰の重い無党派層を投票所へ誘うことができます。

この沖縄県知事選挙には、
私たちが学ぶべきたくさんの教訓が見て取れます。
しっかり分析し、本気になって、
沖縄に人達に失望されない共闘を組んでいきましょう。
・・・・・・・・

■ 沖縄県知事選挙の結果を受けて■  
平成30年9月30日 小 沢 一 郎
小沢 沖縄
このたびの玉城デニー候補の勝利は沖縄の未来、そして、日本の民主主義にとって本当に大きな勝利です。応援いただいた方々に心から厚く御礼を申し上げます。
玉城候補は、翁長前知事の心をしっかりと受け継ぎ、沖縄のあるべき姿、あるべき未来について、具体的に、情熱的に、沖縄のすべての人々の心に訴えかけて参りました。こうした姿勢が多くの県民に理解された結果であると理解しております。
特に辺野古移設問題も含めた基地問題については、今回の選挙で、はっきりとした民意が示されました。国はこのことを重く受け止め反省し、これ以上沖縄に重荷を押し付けることのないよう、今度こそしっかりと沖縄県と向き合って解決のため力を尽くすべきであります。
自由党といたしましても同志であります玉城デニー新知事の県政を引き続き全力で支援して参ります。

・・・・・・・・        
■10月から新年度に入りました。
 会員登録の更新月ですので、下記から再登録と会費の振り込みをお願い致します。
〈 生活フォーラム関西:連絡先 〉
メール:sforumkansai@yahoo.co.jp
〈更新・新入会申し込み 〉
このブログの画面右側の「入会申し込みフォーム」から
〈 振り込み先 〉
「 郵貯銀行」 口座名: 生活フォーラム関西
  郵貯銀行から:記号1464 0 番号16807 431
  他の金融機関から: 店番 468 普通 168 0743
問い合わせ:tsugimoto@gaia.eonet.ne.jp
 *振り込み事には必ずご記名下さい。


↑このページのトップヘ