生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

2017年9月3日(日)羽曳野市議選告示日。
大阪府初めての自由党公認候補「前田まさのぶ」さんの、
1週間の戦いがいよいよ始まりました。
3 羽曳野 4
渡辺代表を始めとして十数人の「生活フォーラム関西」のメンバーが、
この日前田まさのぶ事務所に集結しました。
まずはポスター貼り大作戦です。
フォーラム会員と地元の支持者の協力で、午前中に完了しました。
3 羽曳野13 羽曳野2
出陣式の第一声は近鉄古市駅前です。
前田まさのぶ候補は、熱く教育問題を訴えています。
自由党からは渡辺大阪府連代表、村上副代表、真白幹事長、
総動員で初めての大阪府下公認候補を盛り立てます。
3 羽曳野 53 羽曳野3
続いて、大型店が建ち並ぶ交差点での第2声です。
3 羽曳野 83 羽曳野 7
次は、スーパーの前で前田まさのぶ候補は熱心に政策を訴えています。
3 羽曳野 93 羽曳野 10
初日はたくさんのフォーラムメンバーが集まってくれました。
ありがとうございます。お疲れさまでした。
しかし、戦いはまだ続きます。
運転手やハガキ書きなど、お願いしたいことがあります。
手薄な平日に応援に駆けつけていただけますよう、
ご協力よろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前田まさのぶ事務所
大阪府羽曳野市古市1554-1
前田 携帯 090-3169-4613
中西 携帯 090-1482-2072
mail:maeken@ever.ocn.ne.jp






来月9月は、
「大阪府に自由党市議会議員を!」大作戦の月です。
第一弾は羽曳野市です。
羽曳野市 ホーム1
羽曳野市2
https://www.city.habikino.lg.jp/
この地で、
前田昌伸さんを市会議員に押し上げましょう。
DSC06088
【 9月3日(日)告示、10日(日)投票 】
以下、行動予定です。
■8月27日(日)
第2回目の統一行動日として13時 近鉄・古市駅前に集合。
ポスティング活動を行いますので、ぜひご参加お願いします。
■9月2日(土)
13時 近鉄・古市駅前に集合で運営会議。
統一行動の後、事務所開きをします。
■9月3日(日)告示日
8:30近鉄・古市駅前に集合で、ポスター貼り大作戦があります。
ぜひ多数のご参加をお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前田まさのぶ事務所
大阪府羽曳野市古市1554-1
090-3169-4613
072-956-1930
mail:maeken@ever.ocn.ne.jp





終戦の日にあたり

平成29年8月15日 
代 表 小 沢 一 郎

今年もまたこの日を迎えました。
大戦で尊い命を犠牲にされた全ての方々に謹んで哀悼の誠を捧げます。

戦争とは、決して遠い日の出来事ではありません。
世界では、今もどこかで闘いが起こり、多くの罪のない人々の命や生活が犠牲となっております。
いうまでもなく人間は完全な存在ではありません。
戦争の悲惨さがわかってはいても、結局、国家の威信や、感情のもつれから悲劇を生んでしまうことはあります。
しかし、戦争に良い戦争も悪い戦争もありません。
戦争は戦争です。
ですから人類は、戦争のない世界を目指して、日々それぞれの立場で努力していくことが何より大事なことです。
そういう意味で、この終戦の日を、かつての災いを国民一人ひとりが思い返し、その悲惨さを噛み締めるとともに、二度と戦争が起こらない世界の実現を決意する日とすることこそが、真の意味での追悼になると確信いたしております。
また、いうまでもなく、戦争の記憶は、先の震災の記憶と同様に国家としてしっかりと継承していかなければなりません。

自由党は終戦の日にあたり、このような思いを胸に、世界平和の実現と、わが国の平和のため、引き続き全力を尽くしてまいることを、ここに固く誓うものであります。

↑このページのトップヘ