生活フォーラム関西

生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。

国民の生活が第一!
生活フォーラム関西は、市民が自分たちで政治に関わるための、緩やかなネットワークです。 勉強会、広報活動、懇親会などなど。 いざ選挙のときは政権交代のためにできることを精一杯がんばります。 小沢一郎氏の理念を座標軸としながら、党や立場を超えた協力関係にも参加していきます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちのささやかな日々の生活を守るためにも、
自分でも何か政治に関わってみたいとは思うけれど。
そんな勇気はないし、どこに行って何をすればいいか分からない。
そんな方は、私たちと緩やかにつながりながら、いっしょに始めてみませんか。
生活フォーラム関西に入会希望される方は、
ページ右下の入会申し込みフォームからどうぞ。

7月21日「被災者救済よりもカジノづくりが優先」の安倍政権によって、
国民が望んでもいないカジノ実施法の採決を強行されました。
小沢一郎代表は岩手日報で、野党の足並みが乱れた事に対してこう述べました。
「安倍政権が国民のためにならないとの思いが同じならば、
 多少のことは乗り越えて力を合わせなければいけない。」
また、今回の通常国会をこう総括しました。
「野党が安倍内閣を退陣に追い込むだけの迫力がなかった。」

しかし、少なくともこの3議員は気魄を持って反対の意思を表しました。
2018.7 三勇士
少数野党の懲罰覚悟の行動ですが、本来懲罰を受けるべきは国会軽視の与党です。
国民の心と道理は我々野党側にあります。
国民の思いを代弁した、糸数けいこ、森ゆうこ、山本太郎の3議員の、
パフォーマンスに心から賛同の拍手を送ります。

通常国会は終わりました。
安倍政権の今回の傲慢な国会運営への怒りを忘れず、
次の統一地方選と参議院選へのエネルギーにしたいと思います。
この3議員は必ず国会で揃っていなければいけません。
倦まず諦めず、日々の地道な活動を継続していきます。
まずは、間近なイベントと集会をお知らせします。

■7・27キャンドル行動
日時:7月27日(金)18:30集合
場所:靱公園
活動:キャンドルで人文字、御堂筋パレード
2018.7 キャンドル行動
■「生活フォーラム関西」運営会議
日時:8月5日(金)14:00~16:00
場所:吹田勤労者会館
(*フォーラムの会員のみ参加できます。)

■「中村哲治さんお帰りなさい会」(懇親会)
中村てつじ
日時:8月5日(金)17:00~19:00(予定)
場所:吹田勤労者会館近くの居酒屋
(*会員以外で参加ご希望の方は、下記にご連絡お願いします。)
────────────────────────────────────────
【 生活フォーラム関西:連絡先】
 メール:sforumkansai@yahoo.co.jp
【 入会申し込み 】
 ブログ:http://seikatu-forum.blog.jp/ 画面右側から
  またはhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/f8dadd89365979
──────────────────────────────────────








7月1日(日)渡辺義彦代表と大谷啓幹事長のタッグで、
兵庫と大阪の3連続「4党共同街宣」に参加しました。

最初は午前11時、阪急:川西能勢口駅前です。
2018.7.1 川西1
自由党、立憲民主党、共産党、社民党の4党共同街宣です。
久しぶりの演説ですが、渡辺節は健在でした。
「自分の周りの人に政治の大切さを伝えよう。」と強く訴えました。
2018.7.1 川西2JPG2018.7.1 川西 3
やはり、渡辺さんは聴衆の前が一番楽しそうです。
でも、あまりこき使わないようまだまだご配慮を。

ノボリを畳んで、次は梅田ヘップ前へと移動です。
川西とは違い通行する人がいっぱいで、
仕切る「ミナセン大阪」の担当者も大変です。
ここでは大谷幹事長が熱弁をふるいました。
2018.7.1 梅田12018.7.1 梅田2

再び阪急で兵庫にもどり宝塚駅前へ。
ここも引き続き大谷幹事長の担当です。
安倍政権の暴政を糾弾して「安倍政権を倒すために野党共闘を!」
と、力強く訴えました。
2018.7.1 宝塚1
今日の他党の弁士は、
社民党:福島みずほ氏、共産党:宮本たけし氏、立憲民主党:桜井周氏でした。
弁士の皆さま、スタッフの地方議員の皆さま、お疲れ様でした。
2018.7.1 宝塚2
【終了後の感想】
梅田の人通りの多い中での労働組合風の大声のアピールは、
かえって聴衆を引かせてしまうのではないかと正直感じました。
同じく梅田で言いがかり大好きオジサンが現れて、
発言者に文句を言ったり警察に通報したりしました。
後に私服警察官などが来て意地悪をしてきましたが、
まだまだ日本は民主主義発展途上だと実感した次第です。


6月2日(土)経済学者の菊池英博先生をお招きして、
講演会「さよなら、新自由主義」を開催しました。
DSC06545
コアな勉強会なので、定員の50席が埋まるかどうか心配していましたが、
お蔭様で満席以上になりホッとしました。
菊池先生は80歳のご高齢にもかかわらずエネルギッシュなご講演で、
スタッフが時間配分を心配するほどの濃い内容でした。
DSC06538
■ 新自由主義の負の歴史
■ 新自由主義から離れていくヨーロッパの情勢
■ トランプ大統領が生まれた必然性とその意義
■ 1週遅れの日本の現状
■ 日本再生の方策
等など、分かりやすく説明して下さいました。
「日本には十分にお金がある。財政再建などという言葉に惑わされず、
 必要なところにお金を回して経済成長するべし。」
という菊池先生のお言葉には、我が意を得たりの感を持ちました。
DSC06552DSC06550

十分に質疑応答をする時間を持てなかったのが残念でしたので、
何らかの方法で補充したいと考えております。
これからも、イベントへのご参加よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

*講演の録画を「Alternative Webcast Kansai」で用意していただきました。
 講演に参加できなかった方は、どうぞこちらでご覧下さい。
(第一部)https://www.youtube.com/watch?v=CuM21_RX6Pg
(第2部)https://www.youtube.com/watch?v=0GLzzbtKaIc

────────────────────────────────────────
〈 生活フォーラム関西:連絡先 〉
メール:sforumkansai@yahoo.co.jp
FAX:0774-63-3558 
〈 入会申し込み 〉
ブログ:http://seikatu-forum.blog.jp/ 画面右側から
又はhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/f8dadd89365979
──────────────────────────────────────

↑このページのトップヘ